今日もごきげん

masaeのうさぎと本と勉強blog(ただ今改装中)

〇エッセイ・対談・ノンフィクション

ホリエモンの今までとこれから【ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく/自伝/本の内容・要約】

投稿日:2020年12月12日 更新日:

ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく
堀江 貴文  (著) 

本の概要

ホリエモンこと堀江貴文さんが刑期を終了し、ゼロから再出発するときに書いた本。

キーワード

自伝 人生論 過去

引用(ネタバレあり)

印象に残った部分を3つ紹介します。

1.

“すると刑務官は、食事用の穴から囁くように語りかけてきた。「自分にはなにをしてあげることもできないけど、どうしても寂しくて我慢できなくなったときには、話し相手になるよ。短い時間だったら大丈夫だから」”
(No.126)


2.

“勉強でも仕事でも、あるいはコンピュータのプログラミングでもそうだが、歯を食いしばって努力したところで大した成果は得られない。努力するのではなく、その作業に「ハマる」こと。なにもかも忘れるくらいに没頭すること。それさえできれば、英単語の丸暗記だって楽しくなってくる。”(No.668)


3.

“なにかに没入することで、死を遠ざける。死について考える時間を、可能な限り減らしていく。僕は死を忘れるために働き、死を忘れるために全力疾走し、死を打ち消すために生を充実させていたのだ。”
(No.1916)


ひとこと

関連本・この本がすきな方にオススメの本

関連記事

本の紹介記事はこちらです

目的別↓

おもしろい わくわく スカッとする ミステリー 人間関係の悩み 仕事術 動物 恋愛 成功法則 料理 旅行 時間管理 最高の体調 生き方 自己啓発 衝撃


カテゴリー別↓
小説・物語
ビジネス
エッセイ・対談・ノンフィクション
趣味・実用


毎月、読書記録を公開しています

12月の読書記録

頑張っているひと、悩んでいるひとに、手書きで応援メッセージを送ります。

このブログについて(自己紹介)

-〇エッセイ・対談・ノンフィクション,
-