今日もごきげん

masaeのうさぎと本と勉強blog(ただ今改装中)

〇ビジネス

明日は、今日と違う自分になる【仕事は楽しいかね?/ビジネス/本の内容・引用】

投稿日:2020年12月8日 更新日:

仕事は楽しいかね?
デイル・ドーテン (著), 野津智子 (翻訳) 

本の概要

空港で出会った「老人」と「私」の、ストーリー仕立てのビジネス啓発書。全4巻の1巻目。

キーワード

試行錯誤 アイデア リスト

引用(ネタバレあり)

印象に残った部分を3つ紹介します。

1.
5年後の自分

“「頭のいい人がする一番愚かな質問は、『あなたは五年後、どんな地位についていたいですか』というものだ。ありがたいことに、僕はこの四十年間、採用面接を受けたことがない──どんな地位についていたいかなんて質問は、大嫌いなんだ。僕はこの先、いまとは違う人間になっていこうと思っている。だけど、いまから五年後に〈どんな人間に〉なっていたいかなんてわからないし、〈どんな地位に〉ついていたいかなんてことは、なおのことわからないよ」”
(No.281)

補足:「老人」の言葉。時間や進歩に対して直線的な見方をしている人について批判。人生はそんなに規則正しいものじゃない、規則から外れたところでいろんな教訓を与えくれるもの、と語っている。

2.
毎日違う自分になる

“「問題はね、きみが理屈っぽいってことだ。きみの思考は、学生モードのままなんだよ。この課題をすべてやっておきなさい、そうすればAがとれますよってね。きみは、課題のリストをほしがってるだけなんだ」”
(P.384)

補足:他人を凌駕する人材になるには、人は懸命により良くなろうと、毎日毎日、違う自分になることが大切。何度も試す、つまり、試行錯誤を続けなければならない。

3.
他人のマネをしても意味がない

“彼らが発見したのはね、会社をどんなふうにまとめあげるかなんて〈重要じゃない〉ということだった。結論はこうだ、『画期的な成功というものは、それに値する仕事がなされようとなされまいと、収めることができる』 十六の企業は、持つべき姿勢をしっかり育てて、それから画期的な成功を収めたんじゃない。画期的な成功を収めて、それから持つべき姿勢について、もっともらしい話をしたんだ」”
(P.544)

感想:多くの人は他人の成功を見て、それを真似しようとするが、ビジネスはアートと同じで、成功方法は人それぞれ。他人の成功話を聞くと一見、最初から論理的に成功したように聞こえるが、本当はそれは後づけで、思いつきや偶然を論理的に聞こえるように仕立てあげている部分も多い。だから彼らと全く同じことをしても成功しない。大事なのは真似ではなくやはり試行錯誤。

ひとこと

Kindle unlimitedとPrime readingで無料で読めます。

関連本・この本がすきな方にオススメの本

関連記事

本の紹介記事はこちらです

目的別↓

おもしろい わくわく スカッとする ミステリー 人間関係の悩み 仕事術 動物 恋愛 成功法則 料理 旅行 時間管理 最高の体調 生き方 自己啓発 衝撃


カテゴリー別↓
小説・物語
ビジネス
エッセイ・対談・ノンフィクション
趣味・実用


毎月、読書記録を公開しています

12月の読書記録

頑張っているひと、悩んでいるひとに、手書きで応援メッセージを送ります。

このブログについて(自己紹介)

-〇ビジネス,
-,