masae blog

日々学んだことをアウトプットしています

あつまれどうぶつの森 日記

おだやかな世界。

投稿日:2020年6月24日 更新日:

ひとの悪口を聞くのがどうも苦手だ。

それが本当の悩みなら、話は別になる。どうしてそんなに苦しいのか、何がそんなにこころを苦しませるのか、ちゃんと聞きたい。

ただ、裏でこそこそと話すような、陰湿なただの悪口は、ほんとうに苦手なんだよね。

こう言うと、いい人ぶっているのように聞こえるかもしれないけれど、まったく違う。
これは単なるわたしのエゴだ。

わたしは、自分が、ただおだやかに暮らしたいのだ。
ただただ、平和で、おだやかな世界で…。

というわけで、今日もどうぶつの森(ゲーム)でおだやかに遊ぶことにする。

今日も、といったが実は久しぶりだ。一週間ぐらい放置してた。

あつまれどうぶつの森は、かなり自由度が高いゲームだ。

自分の家を大きくしたり、島全体を作りかえたり、どうぶつの住民を厳選したり…。どう遊ぶかはその人次第となる。

わたしのプレイスタイルはというと、かなり気ままに遊んでいる。つまり、てきとーである。

てきとーにヤシの木を埋めたりするし、

どや。

てきとーにカブを置いているし、(みんなはどうしてるの…??カブのいい置き場所って…?)

カブでおおもうけ。

てきとーにシーラカンスを釣りにいこう、となる。

シーラカンスは高く売れる。

そんな感じなので、いつの間にか地面に花がちらばっているのも、今は見て見ぬふりだ。
気が向いたら、きれいに植えかえようとおもう。

そう、あつ森に関しては計画性がぜんぜんない。なくても遊べるところが、このゲームの魅力なのだ。

さて、今日の遊んだなかで、ちょっとうれしかったことが3つある。

まずは偶然、大好きなジャスミン(という名前の、こぐまの住民)と服の色がおなじだった。なんとなく気分があがる。

ジャスミン。いやし。

ちなみに、今日の赤いワンピースは「ウズベクなふく」という。素敵なので色違いのブルーも持っている。

今日の服。

うれしかったこと、ふたつめ。博物館に行って、ずっと空だった、かどの大きい水槽にピラニアを寄贈できた。やったー。この水槽だけ何もいなくて寂しかったんだよね。

広々。

そして、みっつめ。味のある本のセットが売っていた。しかも安い。これは買いだ。

ラッキー。

こんなふうに、ほんとうに気ままに、のんびりと遊んでいる。

今日のゲーム時間は約30分だった。この30分がけっこう息抜きになるのだ。ありがとう、どうぶつの森。ありがとう、ニンテンドー。

和室でまったり。

最後に、読んでくれてありがとう。
またね!

ゲームソフトと本体は楽天で買ったよ。

攻略本はこれにした。おすすめ。(転売価格になっている時もあるので注意!定価は1650円。)

-あつまれどうぶつの森, 日記